デザインの4つの原則を覚えよう

デザインの原則

デザインスキルはセンスでなく、論理で向上できる。

デザインの4つの原則を覚えて、論理的にデザインしてみよう。

目次

デザインの4つの原則

では、デザインの4つの原則とはなにか?以下の4つである。

  • 強弱(コントラスト)
  • 反復(繰り返し)
  • 整列(余白)
  • 近接(グループ化)

なお、この4原則は“伝わる”デザインを作成する時に大切な考え方である。

では、順番に解説していきます。

強弱で優先順位を表現しよう。

デザインの強弱とは…「大きさ・色・太さ」などを使用して『伝えたい優先順位が高いものほど強くし、優先順位の低いものは弱くする』である。

ここで大切なのは、デザインに入る前に記載分に対して優先順位を付けることである。

  • 一番伝えたいことは??
  • 数字は大きくしよう(値段・日付)
  • ジャンプ率の存在

ジャンプ率とは…一番大きい文字:一番小さい文字の差。

ジャンプ率は大きければよいというもんのではなく、伝えたい印象によって使い分ける。
※落ち着いたデザインでは、ジャンプ率を抑えるのが重要。

反復で統一感とリズムを演出

反復とは…箇条書きや、項目を同じデザインで統一することにより、『全体的な統一感や、読み手にリズムを与える』ものである。

ポイントは、デザインに入る前に反復項目を予測しよう

反復は、目に見えるもの全てです。色んなものが図形や箇条書き、図解など”反復” になりうる。

  • 全体とグループの2種類で反復を活用しよう
  • 1つ作り込んで複製する
  • 要素が多い方から作る

整列の基本は「左」揃え

整列には、左・中央・右の3種類の揃え方があるが、基本は「左」揃えである。

左揃えが見やすいのには理由がある。日本人のほとんどは左上から右上、その左下から右下…とアルファベットの”Z”のような形でモノを見る

Zで見る時に、目線の帰ってくる箇所が揃っていると見やすいということである。

しかし、長い文章では左揃えが基本だが、短い文章のときは中央でも構わない。

”何と何が揃っているのか”を言語化できるようにしよう!!

  • 全体の余白を意識しよう
  • 余白を図形で見るとわかりやすい、”あえて”作るもの
  • 『窮屈感』がないか?

近接とは”関係性”を距離で表現すること

近接によって構成が理解しやすくなる。

ポイントは、関係性の深いものは近づける、関係性の浅いものは遠ざける。

デザインに入る前に記載文をグループ分けしよう!

  • 行間の近接(見出しと本文の行間の距離)
  • グループの中にグループがある

まとめ

4つの原則は、ノンデザイナーでもやっていることが多いです。

では、プロと素人の差は何なのか?それは…『より深く意識して、徹底しているか?』です。

なんとなくやっているのが素人のデザイン。より深いところまで論理的に徹底しているのがプロのデザインです。

”伝える”デザインを作るうえで「より伝わりやすい表現はないか?」を常に意識しているのがプロのデザインです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次