【朝卵3個】食べる「だけ」ダイエット~挫折しない置き換えメニュー~

タイトル画像 生活習慣

カロリー制限なし過度な有酸素運動なしで、朝食に卵3つ食べるだけで

体脂肪11%減、内臓脂肪23%減という驚愕の研究結果がいま話題です。

まさに夢のような信じがたい話ですが、

  • 実際のところどうなのか?
  • なぜ卵がそんなにすごいのか?
  • 正しい卵3個メニューは?

この記事ではしっかり解説していきます。

話題の朝卵3つダイエットのソース

Close up of woman with excessive belly fat isolated on white background. Weight loss concept, overweight

このダイエット法のソースはアラバマ大学が行った実験です。

26人の男女、年齢は60~75歳のBMIが30~40の人達を対象にした実験です。

痩せずら年齢のすでに肥満体である人たちを対象とした実験ですので、

若くて代謝の良い方々に対してここまでの効果はないかもしれませんが試す価値はありそうです。

実験内容は朝食を置き換えるものでした。

一方のグループは西洋で一般的なパンやシリアルといった朝食。

糖質55%たんぱく質20%脂質25%の西洋食グループ

もう一方のグループは「朝の糖質、炭水化物を卵3個に置き換える」といった朝食。

一般的な朝食のパンやお米・シリアルを卵3個に置き換えるのです。

糖質25%たんぱく質25%脂質50%の卵3個置き換えグループ

この朝食を8週間続けた結果、一般的な西洋食グループと比べて卵置き換えグループは

体脂肪の減少率が5倍も多かった。という結果がでています。

実験結果はわかったけどなんで卵がすごいの?

卵は完全栄養食と言われるほど栄養豊富

まず、卵は「完全栄養食」といわれ

ビタミンCと食物繊維以外のすべての栄養素が入っている。

といわれています。

データ引用:https://calorie.slism.jp/

良質なたんぱく質

また、タンパク質の優良性を示すアミノ酸スコアが「100点」であることも有名です。

タンパク質を形成する「アミノ酸」のうち、

体内で生成できない「必須アミノ酸」が卵に多く含まれているためです。

良質なタンパク質で脂肪をためずらく太りにくい身体づくりでリバウンド防止にも効果的です。

また、卵3個で約22gのたんぱく質を摂取できるため、

プロテインドリンク1杯以上のたんぱく質が摂れるのです。

卵のコレステロール

ひと昔まえまでは、卵はコレステロール値を上げるため「一日一個」と謳われていましたが

最近では「高コレステロール食品リスト」から卵が除外されました。

コレステロールには悪玉・善玉とありますが

東海大学医学部の実験結果によりますと、毎日卵3個分のコレステロールを摂取した場合の

2週間後のコレステロール値では

悪玉が増加した人…35%

変化なし・低下した人…65%

という結果。さらに善玉が増加した人は44%いた。

という実験結果となっており、

卵の摂取よりもはるかに他の要因のほうが大きいことが分かります。

良質な脂質「レシチン(コリン)」

卵には脂質が多く含まれますが、サプリメントにもされているほど

良質な脂質である「レシチン(コリン)」が含まれます。

レシチンの効果

  • レシチン(コリン)は脳を活性化させる
  • 動脈硬化を予防するレシチン
  • 脂肪肝を予防するレシチン
  • 脂質の代謝をよくする
  • 神経細胞の活性化
  • 細胞の働きかけ

調理法によって様々な健康メリットがある

たまごは調理法によって消化吸収の違いがあり、

ゆで卵は腹持ちが良く、ダイエットにオススメです

生卵は熱に弱いビタミンなどを豊富に摂取できます。

温泉卵は消化吸収がはやく胃腸に優しく、手早くタンパク質や栄養を摂りたい時におすすめです。

正しい卵置き換え朝食メニュー

Different Ways to Cook Eggs on dark wooden background. Top view

上記で挙げた実験では。糖質を卵3個に置き換えるメニューです。

実験に忠実に痩せたい!23%の内臓脂肪をどうしても落としたい!

という方は真似してみても良いかもしれません。

「健康的な朝食の糖質、炭水化物(ごはん・パン)を卵3個に置き換える」だけです。

しかし、それでは挫折してしまいますよね?

「日本人である限り朝食は米を食べなきゃパワーがでない!」

「朝はパンと決めているのだ!我に小麦を食べさせよ!!」

といったかたもいると思います。

いきなりすべての糖質を置き換えるのではなく、まずは半分から

たとえば和食の朝ご飯であれば、ごはんの量を半分にして代わりにゆで卵を1~2個食べる。

パン派の人は、パンの量を減らすもしくはジャムなどの代わりに卵トーストにしてみる。

朝、食欲がなくてシリアルしか食べれない人は、量を減らして温玉+白だし(めんつゆ)でつるりといく。などなど

また、健康的な理想の朝食として

「白米→玄米や雑穀米」

「精製された白い小麦のパン→全粒粉のパン」

「砂糖でコーティングされたシリアル→オールブラン」

「あらゆる糖質→オートミール」

などの置き換え術も下記の記事でまとめていますので併せてご覧ください。

まとめ

Flat lay composition with chicken eggs and half with yolk on color background, space for text
  • 卵は最強のダイエット食
  • それに加えて栄養たっぷりの完全栄養食
  • 朝の糖質、炭水化物を卵3個に変えるだけ
  • 8週間で体脂肪11%内臓脂肪23%の驚愕の実験結果
  • 無理なくつづけるなら糖質の半分を卵に置き換えるところから
  • おいしく、楽しく、長く続けることが健康ダイエットのコツ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

参考文献:‘‘体脂肪が11%も減る【5倍やせる朝食】はこれだ!‘‘https://youtu.be/-A6rXPKugpE(2022.04.16閲覧)

出典:動脈硬化性疾患診療ガイドライン 2002年版

コメント

タイトルとURLをコピーしました