【ととのう?正しい入り方は?】サウナに関する50の疑問

サウナに関する50の疑問 生活習慣

この記事ではサウナに関する情報を100の疑問として

一問一答形式で答えながらサウナ知識の習得に貢献します。

  • サウナでととのうに潜む危険性
  • 水風呂が苦手な方に、水風呂無しでもいいの?
  • ととのうって脳にどのような影響があるの?

初心者向けの素朴な疑問から、専門知識まで幅広く網羅していますので

この記事を最後まで読めばあなたもサウナ博士!友達に自慢できちゃうよ!

  1. サウナに関する100のギモン
      1. サウナの基本
          1. Q1.サウナってなに?
          2. Q2.サウナの発祥は?
          3. Q3.フィンランド人はサウナが好きなの?
          4. Q4.日本にはいつ来たの?
          5. Q5.サウナって痩せる?
          6. Q6.じゃあなんで入るの?
          7. Q7.サウナのメリットって?
          8. Q8.サウナの正しい入り方は?
      2. 「サウナで整う」について
          1. Q9.サウナで整うってなに?
          2. Q10.サウナって「飛ぶ」ってなに?
          3. Q11.ほかの「飛ぶ」もあるの?
          4. Q12.なんだかんだサウナって危険なの?
          5. Q13.サウナ浴中の危険行為教えて?
          6. Q14.水風呂の危険行為教えて?
          7. Q15.外気浴中の危険行為教えて?
          8. Q16.それらを守れば安全?
      3. サウナ浴中の疑問
          1. Q17.サウナって何度?
          2. Q18.座る位置によって温度が違うの?
          3. Q19.座っている位置の温度はどうやって調べる?
          4. Q20.90℃もあって火傷しないのはなぜ?
          5. Q21.サウナには何分入ればいいの?
          6. Q22.サウナ室を出る目安は?
          7. Q23.5分と15分じゃだいぶ違う気がするけど?
          8. Q24.適切なサウナ浴の長さは人によってさまざまってこと?
          9. Q25.サウナ中は何をするべき?
          10. Q26.あぐらをかいている人がいるけどどうなの?
          11. Q27.じゃあ寝そべっているあの人も効果的なんだ!
          12. Q28.目が悪いんだけどメガネかけていい?
          13. Q29.サウナ浴が済んだら水風呂?
  2. 水風呂の疑問
          1. Q30.汗を流したら水風呂にはいっていい?
          2. Q31.ゆっくり入れってこと?
          3. Q32.1分以上入っちゃダメ?
          4. Q33.水風呂の後の外気浴って寒くない?
          5. Q34.水風呂をしないと整わないですか?
          6. Q35.水風呂の中で完全に止まると冷たくないってほんと?
          7. Q36.水風呂のあとは外気浴ですね?
  3. 外気浴中の疑問
          1. Q37.よく外で寝てる人外って気浴してたの?
          2. Q38.外気浴中が「ととのう」の?
          3. Q39.どういう状況?
          4. Q40.外気浴中は何を考えればよいの?
          5. Q41.外気浴は何分が目安?
          6. Q42.足先が冷めてもまだしんどいときは?
          7. Q43.水分補給ってどれくらい飲むの?
          8. Q44.ウォータークーラーなので量がわかりません
          9. Q45.これを何セット繰り返すの?
  4. サウナ全般の雑学・豆知識
          1. Q46.サウナ浴中に皮膚がピリピリするのは?
          2. Q47.サウナ室内の湿度は?
          3. Q48.サウナの扉が外開きなのはなんで?
          4. Q49.サウナの日ってあるの?
          5. Q50.サウナにまつわる資格があるの?

サウナに関する100のギモン

サウナの基本

Q1.サウナってなに?

高温になった室内に入り体を温める「温浴法」の総称。別名「蒸し風呂」

Q2.サウナの発祥は?

発祥国はフィンランド。1500年以上前、食料を貯蔵したりスモークする部屋がいつしか沐浴で使われるようになったのが発祥といわれています。

Q3.フィンランド人はサウナが好きなの?

フィンランド人の一般家庭には浴槽というものがなく、お風呂の代わりにサウナに入る文化なのです。

Q4.日本にはいつ来たの?

日本には1964年の東京オリンピックの選手村にサウナが設置されたのを機に全国に広まったといわれています。

Q5.サウナって痩せる?

ボクシング選手などが軽量前にサウナで体重を落とすというのが有名で、ダイエットにも効果的のように思われていますが、これは汗として水分が減った分だけ体重が減るという仕組みで直接的に脂肪を落とす効果は残念ながら大きくありません。

Q6.じゃあなんで入るの?

痩せる以外にメリットがたくさん、そして気持ち良いからです。

Q7.サウナのメリットって?

疲労回復・美肌効果・脳の回復・ストレスの緩和・メンタルの向上・睡眠の質向上などなど

詳しくはこちらへ

Q8.サウナの正しい入り方は?

サウナ浴(5~15分)→水風呂(30秒から1分)→外気浴(休息)→水分補給の繰り返しです。

詳しくは上記関連記事へどうぞ。

「サウナで整う」について

Q9.サウナで整うってなに?

Q8.の数あるメリットのおかげで、心身共に整うといわれるようになりました。

詳しくは関連記事へ。

Q10.サウナって「飛ぶ」ってなに?

私は外気浴中に入る「ディープリラックス状態」のことを飛ぶと言っています。

Q11.ほかの「飛ぶ」もあるの?

脳内麻薬に似た成分「β-エンドルフィン」を出す入り方を「飛ぶ」という人もいます。

十分な休息や水分補給をせずにサウナ浴⇔水風呂を繰り返す大変危険な行為です。

Q12.なんだかんだサウナって危険なの?

正しい入り方をすれば危険はありません。むしろメリットのほうが遥かに多いです。

Q13.サウナ浴中の危険行為教えて?

我慢しすぎる事です。自分の限界を知っているサウナ上級者でもない限り15分以上入るのは控えましょう。

Q14.水風呂の危険行為教えて?

水風呂に勢いよく入る。ヒートショックを起こします。また1分以上入るのもあまりお勧めしません。

Q15.外気浴中の危険行為教えて?

十分な休息をとらない事・水分補給が足りない事です。

Q16.それらを守れば安全?

極度の過労状態や二日酔いなどがあるので一概には言えませんが、比較的リスクは少ないといえます。

サウナ浴中の疑問

Q17.サウナって何度?

一般的には60℃~90℃です。

Q18.座る位置によって温度が違うの?

一般的に一段下がるごとに約10℃下がるといわれています。

Q19.座っている位置の温度はどうやって調べる?

温度計の高さから10℃単位で計算しましょう。

一般的には最上段の高さに温度計が置いてあることが多いです。

Q20.90℃もあって火傷しないのはなぜ?

空気の熱伝導率の低さです。空気はそれ自身が90℃近くあっても触れたものをすぐに高温にできない性質なのです。

Q21.サウナには何分入ればいいの?

「ととのう」ためのサウナ浴であれば5~15分がおすすめです。

Q22.サウナ室を出る目安は?

脈拍を測れるのであれば平常の2倍になったら出たほうが良いサインです。

Q23.5分と15分じゃだいぶ違う気がするけど?

初心者向けということもあり、温度の高い位置に座っているなら5分くらいが良く、温度の低い位置ならば15分くらいで効果がでる。というあくまで目安です。

Q24.適切なサウナ浴の長さは人によってさまざまってこと?

その通りです。人に合わせて無理をするのだけはやめましょう。

Q25.サウナ中は何をするべき?

激しい運動・迷惑な行動をしなければ特にありません。テレビを見るもよし、呼吸に集中するもよし。

Q26.あぐらをかいている人がいるけどどうなの?

足先と頭の温度差を少なくするためです。周りの迷惑にならなければ効果的なサウナ浴法といえるでしょう。

Q27.じゃあ寝そべっているあの人も効果的なんだ!

寝そべる行為は迷惑なのでやめましょう。また、その人意識はありますか?なければ係員まで。

Q28.目が悪いんだけどメガネかけていい?

熱により変形します。また、熱伝導率の高い金属などは触ったときに火傷する危険があります。

Q29.サウナ浴が済んだら水風呂?

まず、必ずシャワーか掛け湯で汗を流しましょう。

水風呂の疑問

Q30.汗を流したら水風呂にはいっていい?

先ほども言いましたがヒートショックを起こさないために体を慣らしながら入ってください。

Q31.ゆっくり入れってこと?

その通りです。私は掛け水をしたのち、10秒かけて腰までつかり、10秒かけてお腹までつかり、10秒かけて肩までつかって水風呂をでます。

Q32.1分以上入っちゃダメ?

「ととのう」入り方としてはおすすめしません。カラダは冷めてしまうためです。

Q33.水風呂の後の外気浴って寒くない?

1分いないであれば水風呂を出ても身体が火照っていますので気持ちよいですよ。

Q34.水風呂をしないと整わないですか?

水風呂がどうしても無理という方は温度の低めのシャワーでもよいでしょう。ただ、水風呂に入ったほうが「ととのいやすく」なります。

Q35.水風呂の中で完全に止まると冷たくないってほんと?

本当です。「羽衣」といい、サウナで火照った身体に温められた水たちがからだの周りを包み、冷たく感じない瞬間があります。

Q36.水風呂のあとは外気浴ですね?

その通り。すばやく外気浴に移るのが整うコツです。しかし、喉が渇いていれば水分補給をしましょう。

外気浴中の疑問

Q37.よく外で寝てる人外って気浴してたの?

その通り。彼らは寝不足なわけでも暇を持て余しているわけでもなく、「ととのって」いる状態です。

Q38.外気浴中が「ととのう」の?

サウナと水風呂の温冷効果でカラダが気持ちよくなることを「ととのう」と言うのであれば、この外気浴中が「まさにととのっている最中」なのです?

Q39.どういう状況?

温冷効果を体験した体は極限状態だと勘違いします。その極限状態を体験したあと、体を休めているおこの外気浴中に「ディープリラックス」といって深く心地の良いリラックス状態に入ります。

Q40.外気浴中は何を考えればよいの?

「ディープリラックス状態」では何かを考えるというようなことはないと思いますが、そこまで行っていない場合は、目を瞑り肌に当たる風の感触や、瞼ごしの太陽の光、呼吸によって新鮮な空気が身体をめぐっている状態に意識をむけましょう。

Q41.外気浴は何分が目安?

これも身体の状態によって様々ですので5分から20分程度です。足先が少し冷めてきたと感じる程度が丁度良いでしょう。

Q42.足先が冷めてもまだしんどいときは?

屋内の椅子やぬるめの湯舟で休憩しましょう。無理はいけません。脱衣所で休憩しても良いでしょう。

Q43.水分補給ってどれくらい飲むの?

理想は200㎖です。サウナ一回で約300から400㎖の汗をかくといわれていますが、人間が一度に吸収できる水分は200から250㎖ほどです。

Q44.ウォータークーラーなので量がわかりません

個人差はありますが、一般的に一口で20㎖といわれています。10口前後飲んでください。

Q45.これを何セット繰り返すの?

サウナ後にアクティブに活動したいなら2セット。リラックスして過ごしたいなら3~4セットです。

サウナ全般の雑学・豆知識

Q46.サウナ浴中に皮膚がピリピリするのは?

肌が乾燥している証です。普段の保湿ケアを頑張りましょう。

Q47.サウナ室内の湿度は?

一般的に5%ぁら10%に設定されていることが多いようです。

Q48.サウナの扉が外開きなのはなんで?

サウナから出ようと立ち上がった時にめまいなどで倒れた際に、入り口が開かななるのを防ぐためです。すべてのサウナは入る時に引く、出るときに押す構造になっています。

Q49.サウナの日ってあるの?

3月7日です。日本サウナ協会によってサ(3)ウナ(7)の日と制定されました。

Q50.サウナにまつわる資格があるの?

「熱波師検定」「サウナスパ健康アドバイザー」「サウナスパプロフェッショナル」という資格があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました