水ダイエットは効果ない?痩せない?~やり方、間違ってませんか?~

水ダイエット ダイエット

突然ですがあなたは、

「毎日2ℓお水を飲むと体脂肪が減る」「お水をたくさん飲むと痩せる」

こんな勘違いをしていませんか?

実は、お水をたくさん飲む「お水飲みダイエット」はやり方を間違えるとほとんど効果がありません。

正しいお水飲みダイエットの方法を学べば、身体の機能を正常に戻すことができて多くの健康効果を得ながら正しく痩せることができます。

説明する女性
説明する女性

逆に間違ったやり方は「健康を損ねたり」「むくみの原因」になったりしてしまいます。

この記事では、ダイエットに関するお水との正しい向き合い方を解説します。

正しく知ろう「お水のこと」

コップの水の画像

あなたは、お水に対してこんな事を思っていませんか?

  • ジュースやコーヒーで水分補給
  • お茶も水と同じ
  • 食事中にたくさん水をのむと良い
  • ダイエット中は水だけをたくさん飲むべき
  • 1日に2ℓのお水を飲むべき

実はこれ、「間違い」なんです。

順を追って、詳しく話していきましょう。

そもそも「お水」と「水分」は違う

コーヒー、お茶、ジュース、ビール、牛乳、プロテインドリンク

これらは飲み物として「水分」にはあたりますが、「お水」には入りません。

「お水」の素晴らしい働きは、モノを溶かしたり抽出する作用。
その作用によって体の毒素や悪いものを体外に出してくれる「デトックス効果」

すでに、糖類などが溶けたジュースやプロテイン。成分が抽出されたコーヒーやお茶などは「お水」そのもののデトックス効果はそれほど期待できません。

それどころか、コーヒーやアルコール・緑茶などは「利尿作用」があるため「飲んだ量」以上の水分を尿として排出してしまうのです!

健康のために緑茶をガブガブ飲んでいるけど、飲んでも飲んでも喉が渇くなーって経験ありませんか?

それは「利尿作用」によって水分は摂取しているけど身体は潤っていないという悪魔のような状態になってしまっているのですよ。

「お茶」と「お水」も違う

先ほど述べたようにお茶とは、水に茶葉の「成分」が抽出されたものです。

例えば、利尿作用のある「緑茶・麦茶・ほうじ茶」などは水分補給には適していません

カフェインの含まれる「抹茶・紅茶・ウーロン茶」などは、水感覚で飲んでいるとカフェインの過剰摂取にあたります。

お茶には様々な健康効果がありますが、一日2ℓの水分を摂ろうとして飲みすぎには注意が必要です。

逆にダイエット中に「お水だけ」をたくさん飲むと危険!

ダイエット中は食事からの水分摂取量が減ります。

そのため、「飲み物」からより多くの水分補給が必要になります。

しかし、痩せたいがために「デトックス効果」を意識して「お水だけ」をたくさん飲む行為は危険なのです。

水分が体内に留まるためには、塩分やカリウムなどの「ミネラル」が必要です。

ミネラルは食事で大きく摂れるために通常そこまで神経質になる必要はありません。

しかし、食事制限中は注意が必要です。食事からのミネラルが減った状態で

「お水だけ」を摂取し続けても身体は潤いません。

身体を潤わせるための「ミネラル」が足りていないからです。

様々なの飲み物の画像

つまり、「ただの水だけ」よりも「スポーツドリンクや果実ジュースなどミネラルを含んだ飲料と水やお茶」など複数の飲み物から水分を摂取することが水分補給には適しています。

あなたが水を飲んでいて2時間以内に尿量が非常に多くなり、
かつ尿の色が透明であれば、それは水分が体内に留まっていないことを意味します。

アバラチアン州立大学 公衆衛生学教授 デイビッド・ニーマン氏

「水を飲むと痩せる」の本当の理由

水を飲む女性の画像
  • 水ダイエットで痩せた
  • 水をたくさん飲むようにしてから体重が減った
  • 一日2ℓの水がダイエットに良い

結論から言いますが、「水をたくさん飲むだけではダイエット効果はありません。」

ではなぜ、「水を飲むと痩せる」と巷では噂されているのでしょうか?

本当の理由その1:体内の不要物質の排出を助ける

体内の水分が適正に保たれていると血流が良くなり、血の巡りの良化によって体内の古い細胞毒素を排出しやすくなります。

そのため、排便や排出が促されて「体重が減った」というところ。

出したぶん減った」といえば当たり前のようですが、身体が健康に近づいた結果の排出・排便です。

説明する女性
説明する女性

「体重の減り」以上の健康効果があるといえます。

本当の理由その2:必要な水分を食物でなく飲料から摂るようになったから

つまりは「摂取カロリーが減った」ということです。

空腹は「栄養不足」「血糖値の変動」「エネルギー不足」「水分不足」といった様々な要因で感じます。

飲料を飲むと空腹感が治まる経験はないでしょうか?

これは単純に胃が膨らんだだけではなく、「水分不足」による空腹が解消されたという事です。

説明する女性
説明する女性

しっかりとした水分補給で「余計な空腹感」を感じずに済みます。

本当の理由その3:代謝が上がったから

水分を飲むことで血流が良くなり、身体の細胞の隅々に栄養や酸素を運ぶスピードが上がります。

それによって細胞が活性化し、「代謝が上がります

また、筋肉の合成スピードも上がるので、総体的な筋肉量が増えることによっても代謝がアップします。

説明する女性
説明する女性

細胞の活性化&筋肉の合成スピードのアップの「ダブル効果」

つまりお水を飲むことが「直接的に痩せる」ことにつながるわけではなく、
お水を飲むことによる「健康効果」の副産物的な効果で痩せるのです。

水をたくさん飲むと痩せるの図解

間違った水の飲み方

間違った水の飲み方の画像
  • 一度に大量の水を飲む
  • 食事のときに多くの水を飲む
  • 「お水」と「その他の飲み物」を一緒に考える

順番に解説していきます。

一度に大量の水を飲む

人間は体内に保てる水の量が決まっています。

水が体に良いからと言って一度に500ml以上の水をガブガブ飲むと効果がないどころか

頭痛・むくみ・吐き気などの体調不良につながります。

一度に必要以上の水の摂取は腎臓に負担をかけるので控えましょう。

食事の時に多くの水を飲む

食事中にたくさんの水を飲むと胃液が薄まります

胃液が薄まるとどうなるかというと、食べたものの消化吸収が阻害されます。

つまり、消化不良や栄養素を効率よく吸収できない状態になります。

さらに空腹時や食事中の水分摂取は毒素を排出するプロセスが起こらないといわれています。

「お水」と「その他の飲料」を一緒に考える

これは初心者にありがちな間違いです。

厚生労働省によると、成人が1日に必要とする水分量は2.5ℓです。

そのうち平均的な食事から約1ℓ、体内で作られる水分が0.3ℓといわれています。

つまり、残り1.2ℓを「飲料」から摂取するのが理想です。

☑これを1.2ℓの真水のみで摂取する場合。
食事から十分なミネラルが摂取できていれば問題はありません。
しかし、ダイエット中などでミネラルが不足している場合は+αとしてミネラルを含む飲料を摂取すべきでしょう

☑逆に1.2ℓのお茶やスポーツドリンクなどで摂取する場合。
余計なものまで摂取するため「うまくデトックス効果」が働きません。

つまりは、バランスが大切。

「1ℓの純粋な水」と「0.5ℓほどの様々な飲料」からの水分補給が理想といえます。

正しい水ダイエットのやり方

正しい水ダイエットのやり方
  • こまめに飲むこと
  • 軟水と硬水?常温と白湯?
  • 利尿作用のある飲料は同量の水を

こまめに飲むこと

先ほども申しましたが、体内に保てる水の量に限度があります。

厚生労働省によると、成人で約200mlから250mlといわれてます。

つまり一度にコップ1杯程度の量が理想です

そして、体内に入ってきた水は約30分ほどかけて吸収されていきます。

つまり、30分~1時間おきに飲むのが理想です。

そして、日常生活で渇きやすいポイントも抑えておきましょう!

  • 寝起き
  • 空腹時
  • お風呂の前後
  • 運動の前後
  • 就寝前

軟水と硬水?常温と白湯?

これの結論は「おいしいと感じるものを飲みましょう

硬水の方がミネラルなどを多く含んで体に良いとか、軟水の方が体の毒素を排出するのに適しているとか、

冷たい水は内臓を冷やすので良くないとか、白湯が体を温めるので健康に良いとか

これらの正解は人それぞれです。

筋肉量も多く代謝も良い暑がりさんは「冷たい水」がおいしいと感じるでしょう。

冷え性の女性なんかは「白湯で温まりたい」と感じるでしょう。

個人個人に合ったものを飲めばよいです。

説明する女性
説明する女性

「おいしい」と感じるということはカラダが求めているという事。

利尿作用のある飲料は同量の水を

何度も申し上げていますが「利尿作用」のある飲料は「体の水分を尿として排出します

そのほとんどが「摂取した量よりも多く」排出します。

コーヒー・アルコール・緑茶などは飲んだ量と同等の水を飲むことを意識しましょう!

お酒の場では「チェイサー」として健康的にお酒を楽しむ習慣です。

まとめ

  • 毎日2ℓお水を飲むと痩せるは間違い
  • 「お水」と「水分」は違う
  • 「水分補給」と「デトックス」はわけて考えよう
  • ダイエット中はミネラルが不足しがち
  • ミネラルが不足すると水を飲んでも身体は潤わない
  • 「利尿作用」のある飲料には注意が必要
  • 一度に大量の水を飲んではいけない
  • 200mlの水をこまめに飲む習慣を
  • 様々な飲料からの水分補給が効率的
  • 冷水でも常温でも「体が求めているモノ」を

コメント

タイトルとURLをコピーしました